ヒ ス ト リ ー
No.1 No.2 No.3 No.4 No.5 No.6 No.7 No.8 No9 No.10
No.11 No.12 No.13 No.14

NO5

運命の出会い


   お得意先も15軒と増え、これでなんとかなると言う確信めいたものが見え始めた頃にK氏との運命的な出会いが訪れたのである。頭脳と人柄から人望もあつく、非常に人脈の多い人物なのである!

  宇部に来て多くの方々に助けられ現在があるのだが、中でもK氏には本当に助けられた!普通人を下手に紹介すると危険だとか不安もあろうかと思われるのだが、彼は惜しげもなく、いとも簡単に多くの友人を紹介してくれた、見る見るお得意先は増え続け設立一周年にはなんと25軒というお得意先が出来たのである。そして年収もサラリーマン時代に復帰し、仕事量も限界近くなっていた。K氏とは勿論今も良き友人としておつき合い頂いているが、いつまでも途切れる事のないおつき合いができるであろう!  この代表的な出会いのほかに多くの方々との出会いが始まった。思えば私は心底人が好きなのかもしれない。新しい出会いが楽しみで仕方がない。始めて会った人でも心から気軽に話せる、「人間なにか一つはとりえがある」というが、これが私のとりえかもしれない。
                ・・・・・以下次回